賢く風俗を利用しました

ぎりぎりまで確定が出ないのですよ

投稿日:2016年4月23日

今日は午前中で仕事を終えて午後は半休にしました。キリも良かったし、久々にデリヘルでもと思って早速リサーチです。といってもいつものお店になるのですけどね。気になっている女の子が在籍していることを確認してスマホからリザーブします。一応仮予約ができたようなので、少し間を開けてTELしてみます。受付けのスタッフは感じが良くて、女の子のリザーブもほぼ大丈夫のようです。一応ホテルに入る前に最終確認が必要とのことです。女の子は嫌なことがあったら帰ったりしますから、なかなかぎりぎりまで確定はでないのですよ。私も土壇場でキャンセルなんてことはよくありました。それでも事情がわかってくると、しょうがないな・・くらいで済ませられるようになりましたね。それにお店のほうが代わりの女の子を用意してくれているのでその女の子でよければ食いっぱぐれはないのですよ。結局確定になったので、ホテルに先入りしてデリヘル嬢と合流です。予想したよりも、男好きのする色っぽい感じの女の子で大満足です。

電流が走ったら本物です

部屋に入ってくるなり、私の肩に手を回してきて抱きついてのディープキッスです。いきなりのキッスは私には嬉しいのですけど、最近の女の子では珍しいですよ。消毒とかうがいとかうるさいくらい神経質な女の子がいますからね。会うなりキッスとはすごくいい感じなのです。これには早くもエキサイトしまくりで、股間がモコモコになります。さっそく、デリヘル嬢の手を引っ張って部屋の中へ通します。ベッドに傾れ込むと、キッスしながら服を脱がせてくれるのがうれしいですね。ここで、バスルームにお湯を入れに立つデリヘル嬢です。それからしばしトークで趣味は?と聞くと、「読書ですねね。よく本は読みます。官能小説だって読んじゃいます」という知的美女ですよ。本を読むというだけでコミックオンリーの私には別世界の女の子のように思えます。バスルームに入るとバスタブの中で絡み合うように抱き合って、ちんこがおまんこの中に入りそうになって思わず腰を引いてしまいます。ベッドへ移ってからはおきまりの全身リップなのですけど、ここで電流が走るかどうか、走らせてくれたら本物ですよ。